神州天馬侠 (4)

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

天正10年(1582年)6月、京都・本能寺において織田信長が明智光秀により討たれ、戦国の世は大きな転換点を迎えていた。穴山梅雪と取引をした伊那丸は、富士の裾野で、加賀見忍剣、根来咲耶子、海夜叉ら伊那丸を慕う者たちによって救出される。父の仇である穴山梅雪を自らの手で討った伊那丸は、忍剣らと共に勝鬨を上げ、武田家再興を誓うが……。時を同じくして、徳川家康と覇を競う巨星・羽柴秀吉が天下の表舞台に踊り出ようとしていた。

カゴに追加 400 円(税別)

天正10年(1582年)6月、京都・本能寺において織田信長が明智光秀により討たれ、戦国の世は大きな転換点を迎えていた。穴山梅雪と取引をした伊那丸は、富士の裾野で、加賀見忍剣、根来咲耶子、海夜叉ら伊那丸を慕う者たちによって救出される。父の仇である穴山梅雪を自らの手で討った伊那丸は、忍剣らと共に勝鬨を上げ、武田家再興を誓うが……。時を同じくして、徳川家康と覇を競う巨星・羽柴秀吉が天下の表舞台に踊り出ようとしていた。

  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

書店員のレビュー

吉川英治の原作をベースに、忍剣(青眼入道)、咲耶子、木隠龍太郎など個性豊かなキャラクターが主人公・伊那丸の下に集い、武田家再興を目指す王道作品。本作の魅力の一つは伊那丸のキャラクター像だが、男性ながら妙に艶っぽく描かれていて、このキャラクターが次第に、男として成長してく様を追いかけるのも面白い。左右ページにまたがるコマや見開きページを駆使した構成が、戦闘シーンの迫力や臨場感を際立たせるのに効果を上げている。物語終盤に意外な仕掛けが施されているので、ぜひそこを楽しんでほしい。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。