書籍の詳細

愛は平和ではない。愛は戦いである。幼い早乙女愛は、蓼科高原スキー場でスキーに夢中になるあまり、危険なスロープに入り込んでしまうが、大賀誠という少年の身を挺した行動により救われた。しかしその時、誠は愛のスキー板で額に大ケガを負ってしまう…。――8年後。美人で秀才、そしてスポーツ万能な乙女に成長した愛は、中学の同級生と夏の蓼科高原にキャンプにやって来ていた。だが、そこで起こった出来事が、愛の運命を大きく変えることになる!!※『<新装版>愛と誠』は『愛と誠』制作時に傷んでいた原稿を修復したものとなります。『愛と誠』の物語に変更はありません。ご購入の際にはご注意ください。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

<新装版>愛と誠のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    岩清水君が大好き(ストーカー等ではない)
    一部分のみをネタにされてますが 読んでくれれば誤解とわかります
    彼は優しくてケンカは弱いけど心の強い立派な人です
    そのうえ頭がよくて可愛くてなおかつ料理も上手 完璧か
    無私の心で愛を捧げてるだけなので御一読を
    シマシマパジャマ姿もいいですよ
    後 初期 誠のすがすがしいまでのゲスっぶりも見ものです
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月14日