ユーザー評価なし レビューを見る
ましろのおと (9)

君の知らない、この国(日本)の音――。新章突入!三味線一本でまだ見ぬ場へと飛び込んだ雪を待ち受けるものとは!?――津軽三味線甲子園「松吾郎(まつごろう)杯」で田沼総一(たぬま・そういち)に敗れ、自分の新たな感情、奏者としての“欲”を知った雪(せつ)は、高校を辞める決意を固める。そして門を叩いたのは民謡居酒屋「竹の華」。新たな舞台、新たな仲間、新たな三味線の世界がもたらすものは!?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

スペシャルレビュー

ましろのおと

2009年12月、まだ週刊少年マガジン編集部にいた頃、目を疑うようなページ数で月マガに掲載された『ましろのおと』読み切り。『赤僕』の人?三味線?うわあ、月マガっぽくねえ…とか思いながら読んだ。腰を抜かした。なんなんだこの面白さは? ストーリー、キャラクター、熱、空気感、すべてが圧倒的。すぐにでも続きが読みたくなったのを覚えている。未読の人はダマされたと思って読んで欲しい。序章にして完全、そして9巻にしてなお序章。編集長になってよく思う。『ましろ』があって、本当によかったと。

書店員のレビュー

話題の『ましろのおと』を読みました! 噂に違わぬおもしろさです。津軽三味線といえば、若者らしからぬイメージが強く、あまり興味を持つタイミングがないものだと思いますが、地味なイメージはこの漫画を読むと一気に覆されます。ただ、この作品のおもしろさは、意外なものにスポットを当てた、という点ではなくて、「天才の悩み」を描いている点にあると思いました。何事においても、突き詰めていくと、やってる本人にしかわからないマニアックな世界にやがて到達し、用いる言語も独特な雰囲気を帯びるようになっていきます。この漫画は、当事者にしか分からない、深いところでおこなっている作業を、素人の私にも伝わるような見せ方をしてくれていて、まったくの異世界を垣間見る瞬間を与えてくれます。この漫画は「天才さ」にすごく説得力があるんです。「ザ・探究」って感じです。そのような描き方に魅了されました。主人公・雪の成長を見続けたい、そして、また新しい世界を見せて欲しい、そんな気持ちになります。それから、三味線の音ってあまり聴いたことがないですから、好奇心もあいまって一層聴きたくなりますね。蛇足ですが、きっとこの漫画はTSUTAYAさんの売上にも貢献してると思います(笑) (2012/2/21)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。