原作:森高夕次 漫画:アダチケイジ

講談社

ジャンル:青年マンガ

600円 (税別)

6ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2014年01月23日

グラゼニ 13巻の内容

シリーズ書籍一覧 17冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

グラゼニ 13巻の詳細

スペシャルレビュー

一覧を見る

グラゼニ

たぶん漫画のテーマとして最も多く取り上げられてきたジャンルは野球だろう。
そのためネタは出尽くした感があったけれど、これを読んだ時の感想は「この手があったか!」。野球に関するゼニカネの話をこれでもかとリアルに描いてある。金額も私たちの日常とはかけ離れている。でも、主人公を始め登場人物はそれぞれが野球にストイックで彼らの悩みは身につまされるものばかりだ。金が絡むからこそ見えてくるドラマを描いて「王道」のスポコン漫画。やっぱり野球は奥が深い。

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(4.0)

投稿日:2016年12月18日

年俸に焦点を当てた異色の野球漫画

プロ野球を描いた漫画だが、野球のプレーではなく、選手らの年俸に焦点を当てた作品。
むしろ、野球漫画としてみると、ご都合主義なプレーや展開があり過ぎて、むしろ野球好きならツッコミどころ満載すぎて楽しめないだろう。
ただ、主人公が異様に他の選手の年俸を気にするあまり、自分より年俸が上の選手と対戦すると萎縮して打たれるが、下の選手に対しては上から目線で堂々と投げ込めるとか、逆に億プレイヤーとなると上過ぎて感覚が麻痺して対等に対戦出来るとか、面白い。
そして、成績の悪い選手は容赦なく二軍落ちさせられたりクビを切られたり、逆に絶好調なのに自分と同じポジションに別の選手がいるためいつまでも二軍暮らしを強いられるとか、年間でどのような成績を上げたから年俸が上がるとか下がるとか、とてもシビアなプロ野球の契約の社会を描いている。
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。