書籍の詳細

グーグルは世界をどう見ているか、そしてどんな未来を創ろうとしているのか。Google会長エリック・シュミット初の著書。2025年「世界80億人がデジタルで繋がる世界」の先にあるのは分断と新しいコミュニティの形成だった。デジタル新時代、新しい権力を手にした市民が向かう先は?全米ベストセラー待望の翻訳。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

第五の権力のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 新しい力を手にする私たちは、いったいどこへ向かうのか?
    インターネットは私たちの生活やビジネスを一変させた。インフラとしてのインターネットは途上国などにおいてさらに普及が進んでおり、約10年後の2025年には世界中のほとんどの地域に行き渡ると言われている。それは世界80億の人々が互いにつながり、自由に交流できる環境が整うことを意味している。本書では、立法・司法・行政の三権と報道機関に続く「第五の権力」となる可能性を秘めたインターネットが、約10年後に世界をどのように変えていくかを予測。国家の枠組みや統治、革命、戦争、テロリズムなどが、現実世界と仮想世界が併存する中でいかなる様相を示すかという近未来予想図を描いている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2014年12月12日