書籍の詳細

行き場のない怒りと孤独を抱える高校生のマコトが持ってしまった驚異の「力」とは…!?理不尽な社会を相手に、破壊という名の革命が始まる!最凶のSFテロルストーリー!!

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

デストロイ アンド レボリューションのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 落とし所はどこに?
    同作者の「ホーリー・ランド」や「自殺島」では、作者自身の経験も踏まえて「生きるとは何か」「自分は何なのか」のようなテーマ性があったが、本作では何なんだろう?かなりぶっ飛んでいる。
    特殊な超能力を得て「世界を正しく変える」ためにテロを繰り返す登場人物が出てくるが、実際問題現代兵器でも捉えられず倒せない超能力者がテロを起こしたとして、それで世界は変えられるのだろうか?現実世界でも社会が“理想的”ではないのは確かで、平等性・公平性その他いろいろ制度疲労している社会問題は挙げればいくらでもあるとは思うが、それを暴力でどう変えられるだろう?作中で議員を殺したり総選挙を求めてテロを起こす場面があるが、現実問題それで社会が変わるかな?
    作中の超能力やその使い方が厨二病をくすぐる感じで結構好きだが、作者は話の落とし所をどこに持っていくんだろう?
    レビュー投稿時点では話が膨らむだけ膨らんだところなので、本作が名作になるのも駄作になるのもこの先の展開次第、まとめ方次第だと思う。
    「自殺島」ではなかなか綺麗にまとめてくれたが、こっちはより世界観が広く壮大なだけにどうなるのか。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年12月19日