書籍の詳細

決して忘れられない日付となった3・11。「あの日」から4年の月日が経ったこの国で、ぼくらは、どう「明日」を迎えればいいのだろう…。圧倒的な速度と強度で東日本大震災を描き、ジャンルを超えて衝撃を与えた『あの日からのマンガ』(第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞)。しりあがり寿は、その後も、絶え間なく起こる諸問題に向けマンガを描きつづけている。朝日新聞夕刊連載4コマ『地球防衛家のヒトビト』に、「福島」へ斬新なアプローチで迫る短篇、紫綬褒章受章を受けて執筆された珠玉の幻想譚など、さらなるバラエティとディープさで、激動の現代日本、その「魂のゆくえ」を描き出す笑いと涙の作品集。 ※電子版は一部のページを改変しております※

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

あの日からのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 2014年春、しりあがり寿が紫綬褒章を受章して話題となりました。おめでたい限りです。しりあがりの代表作といえば、『ヒゲのOL薮内笹子』『エレキな春』等のギャグマンガが知られていますが、『あの日からのマンガ』を忘れるわけにはいきません。出版当時にも大きな話題となりましたので、「あの日」が2011年3月11日を指すことはわざわざ説明が不要かもしれませんが、あらためてこの本を読むと、胸をどきりとさせられることばかりです。この本の構成は「朝日新聞」夕刊連載でもお馴染みの4コマ漫画『地球防衛家のヒトビト』と7篇のショートストーリなのですが、いずれも「あの日」が題材です。それで、何にどきりとさせられたかというと、「あの日」に驚き、悲しみ、目の前が暗くなり、そして祈ったことが自分の心の中で風化しつつあったことです。いずれもの作品が、ギャグタッチながらもシリアスに「あの日」に多くの日本人が感じたのではないかという、当時の気分が描かれているようです。後ろ向きに生きるわけにはいきませんから、忘れてしまうこともあります。しかし、「あの日」を境に決して忘れてはいけないことが、現出したことがあると思うのです。この本は、忘れてはいけない貴重な資料的な側面も備えているようです。(2014/5/16)
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月16日