書籍の詳細

「翔の事、世間に公表したらどうかな」週刊誌のスクープが芸能人の致命傷になる事件が相次いでいた。翔が岩城の隠し子だと勘ぐる輩も現れ出し、香藤は、手遅れになる前に先手を打ってはどうかと岩城に持ちかける。苦悩しつつも受け入れる岩城。香藤は翔の両親を説得するため宮城に向かうのだった。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

春を抱いていた ALIVEのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    20年も続く超大作!
    「春を抱いていた(全14巻)」の続編となる「春を抱いていたALIVE」の最新刊5巻。最初から重い展開でした。しかし、今までもどんな困難でも力を合わせ乗り越えてきた二人。今回も二人の深い夫婦愛を実感させられた。カバーイラストでわかる通り今回は香藤くんが頑張った巻!香藤くんの叫びに何度も涙し、岩城さんの愛と優しさに胸が熱くなりました。今までで一番心に残るそんな1冊になりました。
    -補足-
    今回は翔くんの実家がある宮城県が舞台。ちょっと行ってみたくなるくらいラストの風景がとても綺麗でした。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年06月17日