ハーバードだけじゃない! 海外一流大学を目指す―週刊東洋経済eビジネス新書No.55

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

大学選びは、日本だけでなく世界も視野に入れて考える時代に入った。 東大合格者数トップの開成高校は、2013年から海外大学の説明会を実施。米イェール大学、米ミシガン大学などに9人が合格。東大合格者数2位の灘高校も英オックスフォード大学、米ハーバード大学など五つの海外大学に合格者を出す。 欧米の有名大学だけではなく、アジアにも世界レベルの大学が多く存在する。地方出身者にとっては、学費や生活費、語学習得などを考えると、東京よりもアジアの大学にしたほうがメリットがある場合も。台湾の大学の授業料は年間30万円、フィリピンの国立大学はなんと年間4万円! 授業の中身や学費、生活状況など、日本人留学生の話も含めて海外進学のリアルを伝える。  本誌は『週刊東洋経済』2013年11月2日号の第1特集の16ページ分を抜粋して電子化したものです。【主な内容】国際化が待ったなしの日本の大学と大学生米国名門大学がハイレベルである理由米国リベラルアーツカレッジと豪州職業訓練学校の魅力アジアの一流大学が狙い目すべて解説! 海外の大学へ進学するのに必要なこと海外進学をサポートするスクール日本人が陥りやすい海外大学留学の誤解

カゴに追加 200 円(税別)

大学選びは、日本だけでなく世界も視野に入れて考える時代に入った。 東大合格者数トップの開成高校は、2013年から海外大学の説明会を実施。米イェール大学、米ミシガン大学などに9人が合格。東大合格者数2位の灘高校も英オックスフォード大学、米ハーバード大学など五つの海外大学に合格者を出す。 欧米の有名大学だけではなく、アジアにも世界レベルの大学が多く存在する。地方出身者にとっては、学費や生活費、語学習得などを考えると、東京よりもアジアの大学にしたほうがメリットがある場合も。台湾の大学の授業料は年間30万円、フィリピンの国立大学はなんと年間4万円! 授業の中身や学費、生活状況など、日本人留学生の話も含めて海外進学のリアルを伝える。  本誌は『週刊東洋経済』2013年11月2日号の第1特集の16ページ分を抜粋して電子化したものです。【主な内容】国際化が待ったなしの日本の大学と大学生米国名門大学がハイレベルである理由米国リベラルアーツカレッジと豪州職業訓練学校の魅力アジアの一流大学が狙い目すべて解説! 海外の大学へ進学するのに必要なこと海外進学をサポートするスクール日本人が陥りやすい海外大学留学の誤解

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。