平均評価(5.0 レビューを見る
GUNSLINGER GIRL(11)
  • 完結

水都ヴェネツィアの鐘楼を巡る社会福祉公社と五共和国派の戦い。宿敵・ジャコモ=ダンテ、そしてクローチェ兄弟とその家族の思い出を綴る第11巻。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

(5.0)

投稿日:2016年12月31日

読み返せば読み返すだけ味が出る

少女らが機械の身体と薬物による洗脳により生きた兵器である「素体」にされ、それぞれのパートナーである「担当官」と共にテロリストとの戦いに望む。
それぞれの素体の元になる少女らにも担当官にも複雑な過去があり、その過去のエピソードと現在のテロリスト掃討作戦とが絡み合いながら語られる。人物・組織も多数登場して利害関係が複雑だし、素体や担当官のエピソードも次々に登場してくるので、初見では全体像がキチンと掴みきれなかった。しかし、読み直してみると細かい伏線が一つ一つ頭の中で解きほぐされて、読み直す度にまた小さな再発見があるくらい。
少女がその外見にはおよそ似つかわしくない武器を駆使して相手を打ち倒していく戦闘シーンもカタルシスだが、それぞれの登場人物の背景がまた重たく、未来の見えない戦いが心を打つ。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。