書籍の詳細

依頼された肖像画の仕事とひとつひとつ大切に向き合う日々に充足を覚えるアルテ。そんな矢先、街の大物からの依頼が舞い込んでくる。その内容は、ローマからやってきたとある客人をもてなすことだった。与えられた好機を前にアルテはどう決断するのか。培ってきた経験と強さで道を切り拓くことは出来るのか―――。

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

アルテのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「エマ」や「シャーリー」が好きな人は是非
    男に気に入られて結婚するという「まともな生活」を望む母に反発し、大好きな絵を続けるために画家工房に…という16世紀初頭のルネサンス期が舞台のお話。この漫画で良いのは「細かく書き込まれた綺麗な作画」「めげずに前に進むひたむきな主人公の姿」でしょうか。ひたむきすぎて、それが周りに返って迷惑かけてたことに気づいて…などの反省の描写があるのもいいところです。
    尚、大手通販サイトなどのレビューでは「時代考証がしっかりしてない」「主人公が幼稚」「少女漫画的な王道的展開ばかり」などの批判もあります。その指摘は正しくても、自分が読む上ではそれほど気になるものではありませんでした。
    ただ、これから買おうか悩んでいる方がそうであるとは限りません。
    そのため、自分に合うかを試すため、まずは試し読みなどで1巻だけ無料購読をするのをおすすめします。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年02月02日
  • アルテ
    女人禁制の絵の世界に飛び込んだ貴族の令嬢アルテの奮闘と成長の日々。地味な題材かな、と思いながら読み進めていくとどんどん引き込まれ、元気と勇気が湧いてきます。アルテの目が印象的で、特に涙をこらえて上を向く姿がかわいくてたまりません。娘に欲しい。
    投稿日:2015年08月28日