書籍の詳細

自分がやられて嫌なことは、相手にもやってはいけません。…なんて、学校の先生は言うんです。でも、あの子は僕に殺してもらいたがっているし、僕もあの子に殺してほしいと思っているのだから、僕らが互いを殺し合うことに、一体なんの問題があるというのでしょう。気が付いたら始まっていた人生。終わらせる時くらい、僕らの好きにさせてくれませんか? 間違っているのは、僕らでしょうか。それとも…。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

穴殺人のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    猟奇殺人漫画
    絵が見やすく丁寧にしかもどことなく明るい絵柄で書かれているのですが、
    内容は正反対でドロドロと自分の異常性欲に染まった人間の性が露骨に描写されています。

    殺人鬼が隣人で偶然殺害現場を何度も目撃ししかもそのことが殺人鬼にばれていずれは殺される予定という異常自体に巻き込まれた最初は単なる一般人だった主人公が殺人鬼との交流を重ねていくうちに段々に自分も異常が日常になり徐々に染まっていく姿が妙にリアルに感じて寒気を感じます。

    この漫画の異常性に抵抗が会って嫌悪感がでるか、

    絵柄と内容のギャップとその異常な内容にも関わらず
    しっかりした構成力に呑まれてどっぷりはまってしまうかの

    どちらか両極端の反応を読者に与えると思います。

    私はどっぷり呑込まれてしまいました。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年01月05日