書籍の詳細

仏・マルセイユにバレエ留学のために降り立った奏は、ベネズエラからきた褐色の肌の少女、アンドレア・メンドーサに出会う。しかし、彼女は空港のTVニュースを見て泣いていた…。踊りと友情と努力を描く少女達の拍手喝采物語。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

絢爛たるグランドセーヌのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    奏ちゃん好きだー
    ともかく主人公での奏ちゃんが素直かつ勤勉で、「そりゃ上達するだろうな」と思える設定です。だから読んでいて気持ちの良い漫画です。一点だけ違和感があるとすれば奏ちゃん「スマホ見過ぎ」でヒヤヒヤするところ。いくらバレエの勉強のためとはいえ、姿勢にダメージくらったら元も子もないでしょ。ストレッチしながら見てりゃいいもんじゃない...というか尚更危ない!バレエっ子としては言語道断というか、「お父さんデスクトップパソコン買ってやってください」笑 スマホはバレエっ子の大敵ですぞ!
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年02月04日