コーヒーもう一杯II

650円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

ときに甘く、とにきほろ苦く、温かく優しいコーヒーを巡る物語たち。第1巻刊行以来、多くの書評に取り上げられ漫画の枠を越えて広い読者を得た、アロマ香る珠玉の作品集。漫画界の吟遊詩人がその唯一無二のタッチをさらに磨き上げて贈る、待望の第2巻。

立ち読み(12ページ)

カゴに追加 650 円(税別)

ときに甘く、とにきほろ苦く、温かく優しいコーヒーを巡る物語たち。第1巻刊行以来、多くの書評に取り上げられ漫画の枠を越えて広い読者を得た、アロマ香る珠玉の作品集。漫画界の吟遊詩人がその唯一無二のタッチをさらに磨き上げて贈る、待望の第2巻。

  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

書店員のレビュー

誰かに聞いた話か、本で読んだ知識なのかさっぱり忘れましたが、日本人ほどコーヒーにこだわる民俗も珍しいのだそうです。それを知った瞬間に不思議な気持ちになりました。こんなに満ち足りた気分にさせてくれる飲み物なんだもの、その道のツウが現れるのも当り前じゃないのか、と思った次第です。『コーヒーもう一杯』は著者の山川直人による、コーヒー愛が濃厚な香りのように立ち上ってくる漫画です。まず、版画のような作風とコーヒーという題材の組み合わせが絶妙な「こだわり」を感じさせてくれます。ストーリーはオムニバス形式で、コーヒーそのものがお話のテーマになることもあれば、単なる小道具で登場する場合もあって、登場キャラクターもさまざま。甘い香りの話があれば、苦みばしったものもあったりと、豊かなテイスティ。私が最も好きなのは、最終巻収録の「ナポリタン」というお話。喫茶店で交わされる恋人の会話で構成されているのですが、幼少の頃に父親を亡くした娘の思い出話に、胸がいっぱいになってしまいました。詳述は避けますが、母親への想いに対してです。ぜひ、味わい深いお話の数々に心を浸してみてください。(2015/5/15)
  • 参考になった 3

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。