書籍の詳細

明日に旅立つその前に、一杯のコーヒーを。漫画界の吟遊詩人が贈る、温かく優しいアロマ香る物語集。コミックビーム連載作が、ファン待望の単行本化!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

コーヒーもう一杯のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 誰かに聞いた話か、本で読んだ知識なのかさっぱり忘れましたが、日本人ほどコーヒーにこだわる民俗も珍しいのだそうです。それを知った瞬間に不思議な気持ちになりました。こんなに満ち足りた気分にさせてくれる飲み物なんだもの、その道のツウが現れるのも当り前じゃないのか、と思った次第です。『コーヒーもう一杯』は著者の山川直人による、コーヒー愛が濃厚な香りのように立ち上ってくる漫画です。まず、版画のような作風とコーヒーという題材の組み合わせが絶妙な「こだわり」を感じさせてくれます。ストーリーはオムニバス形式で、コーヒーそのものがお話のテーマになることもあれば、単なる小道具で登場する場合もあって、登場キャラクターもさまざま。甘い香りの話があれば、苦みばしったものもあったりと、豊かなテイスティ。私が最も好きなのは、最終巻収録の「ナポリタン」というお話。喫茶店で交わされる恋人の会話で構成されているのですが、幼少の頃に父親を亡くした娘の思い出話に、胸がいっぱいになってしまいました。詳述は避けますが、母親への想いに対してです。ぜひ、味わい深いお話の数々に心を浸してみてください。(2015/5/15)
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年05月15日