書籍の詳細

暑い暑い夏の日、具合が悪くて動けなくなった西戸崎は、同じ高校の先輩・糸島に親切にされる。腰を傷めて野球をやめてしまった糸島。西戸崎は糸島が気になってしかたがない。ずきずきして、くらくらして-----この気持ちはなんなのか?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

のはらのはらののレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 好きなんです、雁須磨子先生。人間味あふれるけど生臭くなくて、色々あるけど全体的にはちょっとおとぼけな生活というか。で、なかでも一番好きなのがこちら、『のはらのはらの』なんです。暑い暑い夏の日、具合が悪くて動けなくなった西戸崎は、同じ高校の先輩・糸島に親切にされる。腰を傷めて野球をやめてしまった糸島。西戸崎は糸島が気になってしかたがない。ずきずきして、くらくらして――この気持ちはなんなのか? もう解説からしてキュンキュンくるわけなのですが、ほんの些細なきっかけで恋に落ちて、好きな人と仲良くなりたい…と思ってたら、いつの間にかその人の住む町にまで行ってしまって、これはもしやストーカーというやつなのでは…!? と落ち込んだり、色々悩むあまり「あがががが、やだもー!!!」みたいな感じになったりと、とにかく初々しい! すごく男子高生!! ほのぼの時々、ぷぷっと噴き出す、あたたかい気持ちになりたいときにおススメの1冊です!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月27日