書籍の詳細

シーラは目の前の美しい男性を見て驚愕した。彼は理学療法士の彼女がセラピーの依頼を受けて赴いた屋敷の主ロス・キャルヴァート。皮肉にもシーラの夫がひき起こした事故で愛する妻を亡くした男性だったのだ。しかし彼は加害者の妻がシーラだとは気づいていないよう。逃げ出したい気持ちを必死に抑え依頼を受けるが、何も事情を知らない彼の積極的な求愛に、やがてシーラは心奪われる。私には愛される資格なんてない。けれど彼の甘いキスの誘惑に屈してしまい――!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

くちづけは罪の味のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • くちづけは罪の味
    理学療法士のシーラがセラピーの依頼を受けて赴いた屋敷にいたのは、皮肉にも彼女の夫が起こした事故で愛する妻を亡くした男性ロス。けれど彼はシーラが加害者の妻だとは気づきません。シーラは断りきれず依頼を受けますが…何も事情を知らない彼の積極的な求愛にシーラは次第に心奪われてしまいます。心にブレーキをかけようとすればするほど、彼への想いは募るばかり。愛と憎しみが交錯するジレジレの激情ロマンスをどうぞ★
    投稿日:2014年08月29日