書籍の詳細

リリーの夫が事故で亡くなった。すぐに夫の兄デインに連絡が取られたが、到着を待つ彼女の心は千々に乱れていた。デインはリリーが金目当てに自分の弟と結婚したと信じている。「名門ノーフォーク家の名を汚す卑しい女!清楚な顔をした悪女!」デインの蔑みの言葉にどれほど胸えぐられたか。本当はリリーの結婚にはある密約があったのだ。けれど彼は何も知らない。偽装結婚のことも、リリーの躰が無垢なことも。そしてもうすぐリリーの憎悪だけを胸にここに来る…。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ガラスの家のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ガラスの家
    リリーの夫が事故で亡くなった。すぐに夫の兄デインに連絡が取られたが、到着を待つリリーの心は千々に乱れていた。彼はリリーが金目当てに自分の弟と結婚したと信じている。「名門ノーフォーク家の名を汚す卑しい女! 清楚な顔をした悪女!」その蔑みの言葉にどれほど胸えぐられたか。本当はこの結婚にはある密約があった。けれどデインは何も知らない。偽装結婚のことも、リリーの躰が無垢なことも。そしてもうすぐリリーへの憎悪だけを胸にここに来る…。
    投稿日:2014年08月29日