レビューはありません
評伝 出光佐三

『海賊とよばれた男』の主人公のモデル、出光興産の創業者・出光佐三。戦後の苦しい時代に、国際石油メジャーと大英帝国を敵に回して、たった1隻のタンカー・日章丸で世界を驚かせた真の日本人の生涯!「黄金の奴隷たるなかれ」。出光興産を創業、百田尚樹氏の小説『海賊とよばれた男』の主人公・国岡鐵造のモデルとなった稀代の経営者・出光佐三。規制に抗し、自立を貫いた生涯を、その生誕から神戸高商での学生生活、酒井商会での丁稚時代、出光商会として独立、終戦後の苦難の時代、日章丸事件、晩年の“事業の芸術化”まで、580ページに渡り克明に描いた随一の評伝。いかなる苦境でも社員を正真正銘の家族として考える“大家族主義”とは?終戦後、日本中が快哉を叫んだ“日昇丸事件”の真相とは?その思想や行動の軌跡を、佐三翁の著書編纂にも関わった著者ならではの視点で、平成2年に書き下ろした。

  • 2000(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 20pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。