レビューはありません
e-World Premium 2016年5月号

特集は「IS壊滅への隘路」、Iを中東編、IIを欧州アジア編とした。本拠地であるシリア、イラクでじりじりと支配地域を狭めているIS。果たして米欧や有志連合加盟各国が望む早期の壊滅はありうるのか。一方、世界を揺るがしたパリ、ブリュッセルのテログループの全貌が徐々に判明してきた。果たして司令塔は存在するのか。アジアへの波及は。AIIBの評価低迷。米、キューバの食卓外交も必読。 ●目次●【in sight】 和を醸し出す光の美|堀池 和朗・フォトグラファー●【特集I・IS壊滅への隘路・中東編】●・【Interview】分散化して生き延びるIS 世界にジハードが広がる恐れも|池内 恵・東京大学先端科学技術研究センター准教授●・「サテライト・モスク」、テロ戦士の揺りかごに 遅れる仮想空間のIS対策、人権・表現の自由が壁|池滝 和秀・在中東ジャーナリスト●・IS縮小も拠点モスル制圧になお難題 治安・統治確保、避難民対応など|吉岡 明子・日本エネルギー経済研究所中東研究センター主任研究員●・「シリア撤退」に潜むプーチンの戦略 和平の主導権確保は成功したか|小泉 悠・未来工学研究所客員研究員 5P●【特集II・IS壊滅への隘路・欧州アジア編】●・欧州2都のテロはシリアISによる指令 移民街仲間と戦場の戦友によるジハードグループ、その実態を剥ぐ|黒井 文太郎・ジャーナリスト●・ブリュッセル、パリ両テロを生んだ背景 帰還戦闘員の脅威とIS対策の今後|国末 憲人・朝日新聞社論説委員●・刑務所に巣食うインドネシアの過激派 アジアでIS思想流入によるテロの衝撃|竹田 いさみ・獨協大学教授●【CyberIntelligence】猛威を振るうランサムウエア ウイルス感染させ身代金請求|湯淺 墾道・情報セキュリティ大学院大学学長補佐・教授●【Economy】箔がはげてきたAIIB 運営能力欠き、格付けも得られず|真壁 昭夫・信州大学教授●【食と外交】親密度の微妙なさじ加減 オバマ歴史的訪問で米とキューバ|西川 恵・毎日新聞社客員編集委員●【国別好感度調査】経済大国中国、「嫌い、でも重要な国」|吉田 健一・時事通信社外信部編集委員

  • 371(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 4pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~40件/40件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。