書籍の詳細

沖縄の修学旅行中、強引な千隼(ちはや)に激怒した育実(いくみ)。「おまえには触らせない」──そう宣言した育実は、日常に戻ったバイト先でも、冷たいまま。そんなある日、育実は偶然、カフェを訪れた和樹(かずき)と若木(わかぎ)の会話を立ち聞き!! 千隼が必死に隠してきた「災厄を早く終わらせる」衝撃の方法を知ってしまい…!? 恋を自覚した和樹や、過去に囚われる若木──。周囲を巻き込み、水面下で運命が大きく動き出す!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

災厄は僕を好きすぎるのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 災厄は僕を好きすぎる
    「何があっても、俺がおまえを守る」──初対面のイケメン転校生から、こんな台詞を言われたら…!? 女子なら誰もが憧れる萌えシチュから始まる本作。とある因縁で、1年のあいだ毎月襲ってくる災厄を、共有することになった育美と千隼。いつも一緒にいることが不自然じゃないように恋人同士のフリをするけれど…!? なんて書くと、明るい学園ドラマ風ですが、主人公の二人を取り巻く事情は、それぞれ切なかったりやるせなかったり。「傷を共有する」「運命共同体」といった中2病(良い意味で!)的設定と、心の襞が丹念に描かれた人間ドラマが堪能できます! 続きが気になる人は、好評連載中の『Chara』本誌で、彼らの奮闘ぶりをお確かめください!!
    投稿日:2014年08月29日