我々はどこへ行くのか  あるドキュメンタリストからのメッセージ

1320円 (税別)

獲得ポイント 14pt (1%還元)

世界を駆けめぐり、NHKスペシャルを150本も作った日本を代表するドキュメンタリストの本。──世界をこれだけのスケールで見つめたドキュメンタリストは、ほかにいない。──世界をこれだけのスケールで描いた本は、ほかにはない。私たちは毎日、あらゆる出来事についての膨大な報道に接する。だが、膨大な断片になった報道にいくら接しても、私たちは世界を知ることはできない。世界観を持てない私たちは、場当たり的な反応だけで世界と接し、次第に孤立を深めている。私たちはなぜ、世界を知らなければならないのだろう。日本が世界のなかで存在感を示せず、漂っているのはなぜだろう。そのなかで生きる私たちひとりひとりの孤独感や浮遊感は、どこから生まれてくるのだろう。日本の置かれた現状と、私たちが抱えている心もとなさは、同じ根っこから発生しているのではないだろうか。膨大で断片的な報道は、世界観を持つことができない私たちの有り様をそのままに表している。報道とはなにか。世界を理解するとはどういうことなのか。私たち人間はなにを求めて生きているのか。世界で起きたあらゆる事件を語りながら、川良浩和は、同時にそれを読者に語りかけている。いま、これだけのものが書けるドキュメンタリストは、どこにもいない。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

無料立ち読み(12ページ)

カゴに追加 1320 円(税別)

世界を駆けめぐり、NHKスペシャルを150本も作った日本を代表するドキュメンタリストの本。──世界をこれだけのスケールで見つめたドキュメンタリストは、ほかにいない。──世界をこれだけのスケールで描いた本は、ほかにはない。私たちは毎日、あらゆる出来事についての膨大な報道に接する。だが、膨大な断片になった報道にいくら接しても、私たちは世界を知ることはできない。世界観を持てない私たちは、場当たり的な反応だけで世界と接し、次第に孤立を深めている。私たちはなぜ、世界を知らなければならないのだろう。日本が世界のなかで存在感を示せず、漂っているのはなぜだろう。そのなかで生きる私たちひとりひとりの孤独感や浮遊感は、どこから生まれてくるのだろう。日本の置かれた現状と、私たちが抱えている心もとなさは、同じ根っこから発生しているのではないだろうか。膨大で断片的な報道は、世界観を持つことができない私たちの有り様をそのままに表している。報道とはなにか。世界を理解するとはどういうことなのか。私たち人間はなにを求めて生きているのか。世界で起きたあらゆる事件を語りながら、川良浩和は、同時にそれを読者に語りかけている。いま、これだけのものが書けるドキュメンタリストは、どこにもいない。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 我々はどこへ行くのか  あるドキュメンタリストからのメッセージ
  • 著者名: 著:川良浩和
  • eBookJapan発売日: 2014年04月18日
  • 出版社: 径書房
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 324ページ
  • 立読ページ数: 12ページ
  • ファイルサイズ: 47.4MB
  • 関連ジャンル: 小説・文芸 社会・ノンフィクション
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。