書籍の詳細

15世紀、中央ヨーロッパで巻き起こるフス派軍vs十字軍の熾烈な宗教戦争。指揮官ヤン・ジシュカの知略により再び十字軍を退けたフス派軍だったが、様々な人物の思惑が対立し、フス派は分裂してしまう。泥沼化する内紛に巻き込まれた少女兵シャールカは、予期せぬ幸福を手にするが、過酷な選択を迫られることに――。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    宗教戦争・フス戦争をリアルに凄惨に描いた作品
    中世ヨーロッパの宗教戦争、特にフス戦争については世界史としても全く無知だったのだが、史実に基づいて丁寧に歴史的・宗教的背景から描かれているので、勉強にもなる。
    が、戦争ともなれば凄惨な事件・戦闘も当然多々あるわけで、それをど直球でリアルに凄惨に描いているので、登場する主役の女の子たちが可愛い分余計に辛い。この絵柄で断じて萌え漫画では無いのが凄い。
    実際の史実を描いているので歴史的結論は分かっているはずだが、読んでいる自分が無知な分、この先どうこの戦争が決着し、主役の少女たちの未来がどうなっていくのか、この先の新刊が待ち遠しい。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年12月02日