書籍の詳細

記憶を失い、目覚めたのは見知らぬ迷宮。人を喰らう怪物が無数にうろつく。手元には不思議な力を秘めたトリガーが一つ。安らかに死を受け入れるか?追い詰められて吠えるか?しぶとく戦い続けるか?一瞬の油断で命を落とす最難度のサバイバルが始まる!!

総合評価
3.5 レビュー総数:2件
評価内訳

アビスのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • パニックホラー&サバイバル
    端的に言うと脱出ゲームのような始まりのストーリーですが話が進めば進む程深まる謎に引き込まれます。全編通してグロめなので、そういった描写が得意でない人は要注意です。系統でいえばB級ホラー映画のゾンビやシリアルキラーのような表現が平気な人は大丈夫だと思います。
    グロめの描写が続きますが主人公が明るく頻繁に軽口を叩くのと、ちょいちょい女の子が可愛いので緊迫した雰囲気こそあれど陰鬱さはなく、こういったジャンルの中では比較的読みやすいほうだと感じました。
    序盤~中盤辺りは細かな伏線回収等もありますが、終盤は結構ざっくりとまとめてきたかな?という印象です。一応物語の重要な部分の謎や最終回付近の気になる描写はきちんと回収して終わりますが、序盤と比べるとかなり駆け足気味で細かな描写は大分省かれているような印象を受けました。
    ラストの演出は個人的にはかなり好みの系統な上に恐らく最初から結末は考えた上で執筆されたように感じたので不満は全くありませんが、上でも書いた通り大人の事情からなのか最終回付近がやたら駆け足で説明不足なので物語根幹部分の種明かしには若干違和感を感じる部分もありました。
    とはいえ、全8巻の割に内容が濃く満足感高めの作品だと思います。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年07月06日
  • 匿名希望
    異世界デスゲーム系漫画
    「現代の主人公。目が覚めたら知らない地下道で目覚める。進んでいくと・・・」な設定でいく脱出デスゲーム漫画。(デスゲーム=失敗すると人が死ぬルール・ゲーム)
    基本的な目的は元の世界へ戻ることなんだけれど、ここがどこだか何でここにいるのかも分からないので、危険から逃げつつ手がかりを探っていくお話。
    人間対人間の心理戦よりも、謎の危険生物の行動ルールを読み、自分たちの能力をフル活用して脱出していきます。
    なのでどちらかというとパズル・ロジック系、心理系は少ないのでそういうデスゲームが好きな人は期待はずれかも。
    けれどデスゲームに挑まざるを得ない主人公たちの描写は結構いいので、表紙絵と立ち読みで気にいったら是非どうぞ。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年08月09日