書籍の詳細

マルタさんはポルトガルから来た貧乏だけど食いしんぼーな女の子。築70年のおんぼろアパートで、慎ましいながらもエンゲル係数高めな一人暮らしを満喫中。紅茶チャーシュー、鶏油炒飯、パン耳タルト、蟹風味のディップ…等々お金はなくても丁寧に。マルタさんの美味しい日々!!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

くーねるまるたのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 外国人が堪能する日本の貧乏グルメ
    ポルトガル人という設定だが、中身はもはや純日本人なマルタが、金が無いながらも日々の身近な食に感激しまくる。一話一話が短いし、盛り上がりもオチも無いけど、すぐに出来そうな身近な食材で作った身近なグルメがまた食欲をそそる。同じアパートの住人たちも心地良い。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年05月24日
  • 匿名希望
    主題は下町長屋ライフ
    正直絵柄買いでしたが随分素朴でまったりな作りで読み込んでしまいました。

    食がモチーフですが、基本的にはお題目です。
    日本の風土に根ざし、様々な著作(絵本や児童文学)の世界に触れ、それが古き佳き下町で展開します。
    物語的には40年前のネタでも通用するぐらい。
    下宿に同居する女の子達も(ナンでこんな古アパートに住んでるのかと思えるほど)なかなか魅力的ですし、周囲に出てくる商店(コンビニや流通系は一切出てこない)などの人々も大抵固定レギュラーとして話を支えます。

    ただ些細な疑問は主役のマルタちゃん、本当にポルトガル人なんだろうか?
    ってな日本人調ボケなんか連発してます。
    また料理や食事はもとより食材を妖しげな眼で見るシーンも多くて少し間違えるとアブナイ娘です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年01月30日