書籍の詳細

洋菓子職人を目指す安藤奈津は、就職活動中に和菓子職人の梅吉・竹蔵と出会う。彼らの働く「満月堂」は、江戸時代から続く老舗でありながら、跡継ぎを失い、若い職人を求めているというのだ。体と心にやさしい和菓子の味と、厳しくも温かい職人の世界に魅せられた奈津は…。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

あんどーなつ 江戸和菓子職人物語のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 開業が間近とあって、東京スカイツリーの名をひんぱんに耳にします。タワーが立つ下町界隈には、大勢の観光客が押し寄せそうですね。『あんどーなつ 江戸和菓子職人物語』(原作:西ゆうじ 作画:テリー山本)は、浅草にある和菓子屋・満月堂を舞台に職人を目指す安藤奈津(あんどう・なつ)の物語。元々は洋菓子の職人を目指していた奈津なのですが、縁があって満月堂のベテラン職人の梅さんたちの元での修業が始まります。和菓子作りに魅せられた奈津のひたむきな姿と明るくて人をひきつける優しさから周囲の人々に応援され、「なっちゃん」と愛されています。梅さんも真剣に応援するが故に、時にはなっちゃんに厳しく接します。特に印象的なのは、なっちゃんが作ったあんこを梅さんが失敗作だと叱責する場面。「捨てるのだけは勘弁してください。悪いのは私なんです!!」となっちゃんは、梅さんがあんこを廃棄しようとするのを止めます。そして、誰もいないところで「ごめんなさい…すみません…」とあんこに謝りながら、泣いて食べます。思わず「なっちゃん、がんばれ!!」と応援したくなる、下町の職人気質と人情味あふれる作品なのです。東京スカイツリー見物の前に読んでおくと、より一層下町めぐりが楽しくなりそうですよ。(2012/4/24)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年04月24日