書籍の詳細

2011年3月11日、東日本大震災発生。妊娠9カ月の妻、4歳の娘と手を取り歩んだ激震からの30日間を綴りました。物資不足、原発事故、今なお続く余震…それでも粛々と生きています。3千万人がかたずをのんで見守った、被災ブログまんがの著者が緊急描き下ろし!被災地より、日本中の皆様へ、迫真のコミックエッセイ!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

3.11東日本大震災 君と見た風景のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • “3.11”の日付以降、どれだけ多くの人がふだんの生活を奪われてしまったことでしょう。『3.11東日本大震災 君と見た風景』は、被災地・宮城県在住の著者・平井寿信と4歳の一人娘、そして震災当時妊娠9ヶ月の妻が体験した、東日本大震災の貴重なルポマンガです。このマンガには、大震災の発生現場と直後に被災者が見たこと感じたことがつぶさに描かれています。震災直後には、著者の実家に一時避難し大勢の親族と暮らした著者ですが、ここで著者の兄の行動には驚かされました。「町の知り合いのところ回って 水だの米だの置いてくる」と車ででかけたことです。たまたま、震災直前に生活物資を購入していたこともあったようですが、なかなか真似が出来ないような気がします。また、幼い子供とこれから生まれる命を気遣う著者ならではの「未来」に対しての責任感もヒシヒシと伝わってくるのです。それは、後半の原発事故に触れたページに、あふれる想いとして綴られています。多くの読者が共鳴するのではないでしょうか。貴重な記録と記憶として、未来に残さなければならない書籍です。(2011/11/1)
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年11月01日