つぐもも (11)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

本来ならばかずや達と敵対関係にある安次峰あきとと、なぜか協力して立ち向かうことになったのは、すごろく+クイズの「あまそぎ」で!?夢枕の世界でかずやが巻き起こすハーレム展開や、触手系「あまそぎ」との壮絶バトル、さらには他作品とのコラボまでやっちゃう超ボリューム!!WEB連載から雑誌『月刊アクション』に移籍してますますパワーアップ!!

無料立ち読み(15ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

本来ならばかずや達と敵対関係にある安次峰あきとと、なぜか協力して立ち向かうことになったのは、すごろく+クイズの「あまそぎ」で!?夢枕の世界でかずやが巻き起こすハーレム展開や、触手系「あまそぎ」との壮絶バトル、さらには他作品とのコラボまでやっちゃう超ボリューム!!WEB連載から雑誌『月刊アクション』に移籍してますますパワーアップ!!

平均評価(3.0 レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

(3.0)

投稿日:2016年12月18日

迫力のバトルとお決まりのエロと

長年使い込まれた道具が命を宿す付喪神(つくもがみ、つぐもも)。
主人公は帯のつぐももの桐葉と使役者のかずや。
人間の欲望により短期間で命を得て怪異を起こす存在あまそぎを倒し地区の平穏を守るために戦う。
人々が自身の欲望により生み出したあまそぎとか、それを無理に倒した時に起きるすそ返しとか、神道の考え方を上手く取り込んでバトルファンタジーに仕立て上げている。
10巻辺りから「迷い家」編に入り、話も壮大に膨らんで、序盤からちょこちょこ見え隠れしていた伏線も回収され始める。ストーリーとしてもなかなか面白い。
正直、迫力のあるバトルシーンと壮大なストーリーだけで十分楽しめる作品だと思うのだが、毎話のように欠かさず挿入されるエロシーン。そのため登場するつぐももや神様に女性が多い。むしろエロシーンが無いほうがストーリーが中断されることがないし、万人受けするのではないかと思うのだが、巻末コメントを読む限りエロシーンを描くことが作者の大きなモチベーションのようなので、仕方がないのか。エロシーン多すぎなせいで、人前で読めないし人にお勧めもしにくいのが残念な作品。
  • 参考になった 4

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。