書籍の詳細

冴えわたる刀の技を見せる、すなお。実力伯仲の二人の戦いの結末とは!? そしてついに最終決戦… かずや&響華が出陣! ベールに包まれた、つづら殿頭首・斑井の実力が明らかに!! 白熱の2大シリアスバトルと、間に描かれるお色気シーンも大盛り上がりの第21巻!

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

つぐもものレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 迫力のバトルとお決まりのエロと
    長年使い込まれた道具が命を宿す付喪神(つくもがみ、つぐもも)。
    主人公は帯のつぐももの桐葉と使役者のかずや。
    人間の欲望により短期間で命を得て怪異を起こす存在あまそぎを倒し地区の平穏を守るために戦う。
    人々が自身の欲望により生み出したあまそぎとか、それを無理に倒した時に起きるすそ返しとか、神道の考え方を上手く取り込んでバトルファンタジーに仕立て上げている。
    10巻辺りから「迷い家」編に入り、話も壮大に膨らんで、序盤からちょこちょこ見え隠れしていた伏線も回収され始める。ストーリーとしてもなかなか面白い。
    正直、迫力のあるバトルシーンと壮大なストーリーだけで十分楽しめる作品だと思うのだが、毎話のように欠かさず挿入されるエロシーン。そのため登場するつぐももや神様に女性が多い。むしろエロシーンが無いほうがストーリーが中断されることがないし、万人受けするのではないかと思うのだが、巻末コメントを読む限りエロシーンを描くことが作者の大きなモチベーションのようなので、仕方がないのか。エロシーン多すぎなせいで、人前で読めないし人にお勧めもしにくいのが残念な作品。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年12月18日