書籍の詳細

「殺したのは、オレだ」──衝撃の告白を聞いた克哉は透を詰(なじ)り、家を飛び出した。透が母を殺したという事実より克哉を苦しめるのは、二人で過ごした幸せな日々が全て、償いのための偽りだったかもしれないこと。自暴自棄になって街をさまよう克哉だが、そこにある男の影が忍び寄り……?番外篇二篇も収録した、感動の完結巻!!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

エンドゲームのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    切なすぎる…大好き
    本当に切ない なにこの作品 怖くて切なくて愛しくて 素晴らしい作品でした
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年04月29日
  • 求めない愛情
    絵柄のラフさと線の固さが気になって、手を出さなかった作家さん。…なんて勿体無い事をしていたのだろうかと、後悔した。青年が血の繋がらない交通遺児を引き取り育てる。たくさんの愛情をそそいで。お互いに言えない感情を隠して。何度読んでも、鼻の奥がツンと痛む。
    • 参考になった 9
    投稿日:2015年07月30日