書籍の詳細

徳川幕藩体制が大きく揺らぐ幕末、島津久光上洛を機に始まった討幕ムーヴメントは、清河八郎や平野国臣ら中心人物たち捕縛・追放後も止まることはなかった。薩摩の過激派たちが京都に集結していることを知った大久保一蔵は、久光の命を受け彼らの潜伏先である寺田屋に赴き説得を試みる。しかし、話し合いは決裂。これにより薩摩藩士同士の凄惨な「同士討ち」の幕が切って落とされる…… 風雲急を告げる幕末を描く、歴史コミックにご期待を!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

風雲児たち 幕末編のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    たのしい歴史漫画の決定版です!
    歴史がわかりやすいだけでなく、ギャグにまで進化させて、それがまたほんとうに秀逸です。
    多くの場所でいろんな方が言ってますが、この「風雲児たち」シリーズはもっともっと人気になっていい作品だと思います!自分は幕末時代が一番好きだったのでこの幕末編のほうが好きですが、本家「風雲児たち」ももちろんすばらしいですよ!
    大人も子供も一緒になって楽しく学べる、他にはない名作だと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年06月16日
  • 風雲児たち 幕末編
    連載開始から13年目で150話突破、前シリーズから数えると30年になるというまさしく〈大河〉ドラマ。ご存じのように、主人公(!)坂本竜馬を描くために、なんと関ヶ原の戦いにまでさかのぼったという作品ですが、さらに注目は保科正之、最上徳内、高野長英、林子平、高山彦九郎などなど、それまであまり知られてこなかった人物を取り上げたり、さらに田沼意次のこれまでのイメージを覆したりと、みなもと史観が炸裂。さて、これから先の進行は?乞うご期待。
    投稿日:2014年08月29日