書籍の詳細

天明二年(1782)の暮、伊勢を出帆し江戸へ向かった大黒屋光太夫率いる神昌丸は、強風に運ばれアリューシャン列島に漂着した。帰国の途を求めて光太夫はシベリアを横断し、モスクワを経由してぺテルブルグを越え、ついにロシア女帝エカチェリーナ二世の謁見を受ける。風雪十年ののち対日使節とともに故国に帰った光太夫に、幕府は終身幽閉を命じた……。鎖国の時代、運命に操られるままに世界を見た漂民の波瀾と感動の生涯を十八世紀日露交渉史、漂民史等を駆使して描いた哀切の大作。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

おろしや国酔夢譚のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 1782年12月、伊勢・白子の浦から江戸に向かった神昌丸が嵐にあって、8か月後、アリューシャン列島に漂着した。船が大破し、日本へ帰る手段を失って漂流民となった船長・大黒屋光太夫以下16名の船員たちはロシアの過酷な環境の中で一人、二人と命を落としていくが、生き残った光太夫は10年の年月を経て、日本への帰還を果たす。井上靖は、光太夫が、異国の言葉を覚え、倒れていった部下たちを異国の地に葬り、日本への帰還を諦めロシアに留まった仲間に別れを告げ、ペテルブルグで女帝エカチェリーナ二世に謁見して、ついに日本へ帰還するまでの苦難の10年を壮大な物語として組み上げた。巻末371ページにその足跡を記した18世紀のロシア地図が掲載されています。アリューシャン列島からカムチャッカ半島、シベリア、イルクーツク、モスクワを経て、当時の首都・ペテルブルグに至る道のりが太く黒い線で示されています。ユーラシア大陸を東の端から西端の少し手前までの、想像を絶する道程です。200年以上も前に奇跡の体験を経て鎖国のただ中にあった祖国に帰還した日本人を描いた長編記録文学の金字塔です。(2010/4/9)
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年04月09日