蛇鏡

472円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

婚約者と奈良の実家に帰った玲は、かつて姉の綾が結婚目前に首を吊った蔵にはいる。姉の遺品に見つけた、珍しい蛇の浮き彫りのある古鏡。その日を境に、玲の心の中で何かが変わっていく。近くの発掘現場で掘り出された、ふしぎな水濠址。祭りを前に一人焦る、神社の神主。もうじき「みぃさんの祭り」がやってくる……連子窓からひっそりとお互いを覗きあう古い町で、何かが起ころうとしている。神代の闇から語りかけてくるのは誰?人の心の移ろいを描き出す傑作伝奇ホラー小説。

カゴに追加 472 円(税別)

婚約者と奈良の実家に帰った玲は、かつて姉の綾が結婚目前に首を吊った蔵にはいる。姉の遺品に見つけた、珍しい蛇の浮き彫りのある古鏡。その日を境に、玲の心の中で何かが変わっていく。近くの発掘現場で掘り出された、ふしぎな水濠址。祭りを前に一人焦る、神社の神主。もうじき「みぃさんの祭り」がやってくる……連子窓からひっそりとお互いを覗きあう古い町で、何かが起ころうとしている。神代の闇から語りかけてくるのは誰?人の心の移ろいを描き出す傑作伝奇ホラー小説。

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

日本書紀の神話をモチーフとした作品、そそられるんですよね。そこに薄倖の美女が出てきたら辛抱たまりません。そして全体をじんめりと覆う血の匂いや土着的なテイスト。こういう本が大好きなので、雑食の私としては久しぶりに「当たった!」気がした作品です。舞台は奈良。連子窓が連なる衆人環視の街。それを嫌って上京した女性が婚約者を伴い帰郷するところから物語がはじまります。(その気持ちわかる!)遺跡発掘現場の謎の水濠、蛇神様を祭る神社とお祭り、そして姉の自殺の謎。転げ落ちた「蛇鏡」――。女性だからこそ描きだせる心の機微と、物語に纏わせることのできる独特の粘り。心の「業」を、ぜひとも感じ取ってみてください。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。