書籍の詳細

そのヒトミは誰のもの?真野銀河は、最近ルームメイトになった喜多村瞳が少し苦手。男にしては綺麗な顔立ちで、妙に色っぽい雰囲気のある彼は、前の寮ではなんと盗撮の被害にあっていたらしい。どう馴染んでいこうか悩んでいる中、部屋に戻ると銀河の目に飛び込んできたのはひとりえっちに耽る瞳の姿で……!?どうにも危なっかしい瞳が気になるのは、友情なのか、それとも──…【同時収録】鍵なんていらない

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ぼくのひとみのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    純愛ですな!
    タイトルのカプの他に同じ寮の別カプのお話も入っています。半分ずつくらいですかね。
    どっちもまさかの寸止めで、ええ~っ!って感じでした。
    学生らしいと言えばそうなのでしょうが、お姉さんはそんなことでは納得しませんよっ!
    って言う感じだったので☆3つです。

    タイトルのカプは色っぽいけどボケボケの子とサバサバした子のどっちも受のようなカプのお話です。
    受×受から村上左知さんらしくリバに発展するのかと思いきや、そこまでは行きません。
    このカプはまだ続くらしい。本編では一応終わってますけどね。その時を待つしかないのでしょう。
    別カプは受けと攻めがはっきりしているカプではありますが、寸止めです。

    なんでしょう、このモヤモヤした感じ・・・

    エッチシーンが苦手な方には、おすすめですけどね。
    お話自体は、おもしろいですよ。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年03月27日