書籍の詳細

「オレが求めているのは……オレの、オレによる、オレだけの……感動だったはずだ……!!」――。うだつが上がらない中年男が、不器用ながらも様々な修羅場に奮闘して、男気ある人間へと成長していく人情コメディ。目標もなく働き続け、年齢を重ねてきた土木作業監督・黒沢(くろさわ)は、ふとしたことで自分の生き方に不安感を覚える。そして、誰にも祝福されず44歳の誕生日を過ごした孤独な黒沢は、人望が欲しいと強く願って……!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

最強伝説 黒沢のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「俺の人生、やっちまった・・・!!」そんな絶望的な言葉からこの物語は始まる。日々淡々と仕事場の工事現場に行き、お決まりの居酒屋で一人飯。休みの日には包丁を研ぎに行く・・・冴えない。ひたすら冴えない。その上友達と言える人もいない。愚痴や悩みを言える相手は建設現場にある棒振り人形の太郎。中年をむかえ、今彼がどうしても欲しいもの、それは恋人でも車でも家でもなく、「人望」だった。彼自身悪い人では決してないのだ。しかし不器用ゆえにやることなすこと全て裏目に出てしまう。必死に頑張れば頑張るほど、周りが引いてしまう。そんな主人公黒沢が「最強」と呼ばれるまでの展開は、時間を忘れて夢中にならざるを得ない。おなじみの福本ワールドも見どころだが、何といってもクライマックスの衝撃。男黒沢の生き様をしかと見届けよ・・・・!!
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年03月16日