なくしたものとつながる生き方

1100円 (税別)

獲得ポイント 11pt (1%還元)

大切なものを失ったとき、どうすればいいのか僧侶や経営者、多くの人が耳を傾ける“希望”を感じられる生き方読者のみなさんは、グリーフという言葉をご存じでしょうか。「大切な人やものを失ったときに生まれてくるその人なりの自然な反応や、感情、プロセス」をグリーフ(日本語では悲嘆と訳されます)と言います。著者は現在、「リヴオン」という団体で、グリーフを抱える人をサポートする「グリーフケア」に従事しています。著者がこの活動をはじめることになったきっかけは、10代で経験した親の死でした。著者自身もうつや、腰痛、不眠など、グリーフからくる心身のさまざまな反応に長年苦しみました。しかし、その過程で、悲しみと悲しみが出会うと希望になること、人とのつながりの中で生きる力が培われていくことを知ったと言います。大きな悲しみを経験したあとで、人はどう生きていくことができるのか。そして、傷ついた自分の中に、もう一度力を取り戻すためにはどうあればいいのか。そのヒントが、本書には綴られています。大切なものを失うこと――死別をはじめ、それはいつか誰もが経験することかもしれません。その時がおとずれたとしても、自分を手当てする方法がある。だから大丈夫だと信じられる本です。自分を支える力に、本書を通して気づいていただけると思います。*目次よりChapter1見るChapter2祈るChapter3忘れるChapter4触れるChapter5ゆるすChapter6信じるChapter7生きる

カゴに追加 1100 円(税別)

大切なものを失ったとき、どうすればいいのか僧侶や経営者、多くの人が耳を傾ける“希望”を感じられる生き方読者のみなさんは、グリーフという言葉をご存じでしょうか。「大切な人やものを失ったときに生まれてくるその人なりの自然な反応や、感情、プロセス」をグリーフ(日本語では悲嘆と訳されます)と言います。著者は現在、「リヴオン」という団体で、グリーフを抱える人をサポートする「グリーフケア」に従事しています。著者がこの活動をはじめることになったきっかけは、10代で経験した親の死でした。著者自身もうつや、腰痛、不眠など、グリーフからくる心身のさまざまな反応に長年苦しみました。しかし、その過程で、悲しみと悲しみが出会うと希望になること、人とのつながりの中で生きる力が培われていくことを知ったと言います。大きな悲しみを経験したあとで、人はどう生きていくことができるのか。そして、傷ついた自分の中に、もう一度力を取り戻すためにはどうあればいいのか。そのヒントが、本書には綴られています。大切なものを失うこと――死別をはじめ、それはいつか誰もが経験することかもしれません。その時がおとずれたとしても、自分を手当てする方法がある。だから大丈夫だと信じられる本です。自分を支える力に、本書を通して気づいていただけると思います。*目次よりChapter1見るChapter2祈るChapter3忘れるChapter4触れるChapter5ゆるすChapter6信じるChapter7生きる

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: なくしたものとつながる生き方
  • 著者名: 著:尾角光美
  • eBookJapan発売日: 2014年03月14日
  • 出版社: サンマーク出版
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ページ数: 231ページ
  • 立読ページ数: 14ページ
  • ファイルサイズ: 4.3MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 ビジネス
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。