書籍の詳細

アルフレッド・アドラーはフロイトやユングとも並び称される心理学の巨人でありながら、日本での知名度は低い。しかしながら『7つの習慣』や『人を動かす』をはじめコーチングやNLPの源流でもあり、いわば「自己啓発の父」とも呼べる存在だ。本書はそんなアドラー心理学を「超訳」し、名言集としてまとめる。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • フロイト、ユングに並ぶ心理学の巨人が出した「幸せの答え」
    オーストリア出身のアルフレッド・アドラー(1870-1937)は、フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人の一人だ。「自己啓発の父」と呼ばれ、その業績は、デール・カーネギーらの理論やコーチングの手法などにも多大なる影響を与えている。しかしながら、フロイトやユングに比べてその知名度は低く、現代で常識とされる心理学の考え方がアドラー理論を源流とすることは多くの人に知られていない。本書では、人間性や人生について深い洞察を残したアドラーとその弟子たちによる100の言葉を厳選。それぞれについて身近な事柄にたとえながら平易な言葉で解説を加えている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2014年10月17日