書籍の詳細

【フルカラー作品】必殺音無しの剣!闇をさすらう魔性の暗黒剣士・机竜之助。時は新時代を予感させる動乱の幕末。その昔、尊き聖が頂に菩薩像を埋めたという甲斐と武蔵の境にある大菩薩峠で、旅の巡礼が通り掛かった侍に無残にも斬殺されるという惨劇からこの物語は始まる……。百年の時を越え中里介山の伝説の小説が、劇画界の頂点に立つ<平成の劇画王・ふくしま政美>の超劇画で鮮やかに目覚める。脚本は大西祥平。原作は「大菩薩峠の歌」を自ら作詞作曲した宮沢賢治を始め、芥川龍之介、谷崎潤一郎、泉鏡花、菊池寛など当時の日本文学史を彩るそうそうたる作家が絶賛した時代小説『大菩薩峠』。

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

大菩薩峠 第一章のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    賛否両論の評価が予想される不条理の傑作。
    カルトの帝王と呼ばれたふくしま政美の力作。『女犯坊(原作:滝沢解)』『聖徳太子(原作:滝沢解)』『格闘士ローマの星(原作:梶原一騎)』『聖マッスル(原作:宮崎惇)』などなどの異色作を次々と発表し、誌面を劇画実験場に変えていった才能と度胸は天下一品。小さな枠にとらわれない無限大の感性が素晴らしい。みんなに受けようとするあまりに、縮こまった作品ばかりが目立つ昨今のマンガ界の中にあって、分かる人にしか描かないという、あっぱれな作家魂を持った稀有な劇画家である。話よりビジュアルだ。話なんて分からなくてもいい、劇画というもののスケール感の大きさが分かれば。賛否両論の評価が予想される不条理の傑作。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年03月11日
  • 大菩薩峠
    いきなり善良な旅の巡礼を斬殺するという衝撃的シーンで始まるこの物語。続いて奉納試合の相手武士の妻を強姦し、試合では相手の首を刎ねる。斬殺を求め悪行はさらにエスカレートする。あまりにも無分別な破壊的な主人公・机竜之助。とどまることを知らない極悪所業。机竜之助は何故、斬殺を続けるのか……。「大菩薩峠の歌」を自ら作詞作曲した宮沢賢治をはじめ、芥川龍之介、谷崎潤一郎、泉鏡花、菊池寛らの日本文学史を彩るそうそうたる作家が絶賛した中里介山の伝説の小説『大菩薩峠』。百年の時を越え平成の劇画王・ふくしま政美の超劇画で甦る! 
    投稿日:2012年07月20日