源氏物語 あさきゆめみし 完全版 (4)

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

失った恋人を思う光源氏(ひかるげんじ)。その陰で愛妻が心を乱していると知らずに。不倫の罰を乗り越えた光源氏は、政界に復帰。最愛の妻・紫(むらさき)の上(うえ)と蜜月を過ごしながら、若き日の恋や明石(あかし)に残した妻子を思う。一方で永遠の恋人との別離(わかれ)は、確実に近づいていた……。

無料立ち読み(17ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

失った恋人を思う光源氏(ひかるげんじ)。その陰で愛妻が心を乱していると知らずに。不倫の罰を乗り越えた光源氏は、政界に復帰。最愛の妻・紫(むらさき)の上(うえ)と蜜月を過ごしながら、若き日の恋や明石(あかし)に残した妻子を思う。一方で永遠の恋人との別離(わかれ)は、確実に近づいていた……。

  • セット割
  • 完結
平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

無料キャンペーン実施中!

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧10冊の書籍

書店員のレビュー

大和和紀先生の「あさきゆめみし」で平安時代を勉強?したといっても過言ではないと思います!この物語は「源氏物語」を漫画化したもので、光源氏の生涯を描いた作品です。原作(古典/むずかしい)に、おもいっきり少女マンガ&恋愛要素を注ぎ込み、読みやすくかつ感情移入できるように作られた、とても素敵な物語になっています。主人公:光源氏のキャラクターもプレイボーイというよりは、「うーん…これだけ女がいてもしょうがないな」と思わせるキャラクターの作り方はさすが大和和紀!先生!まあとにかく切ない男と女の物語です。人間らしいです。しかし昔の人は恋をするのも本当に大変だったんだなぁ。何よりこの作品で多くの人に古典に興味を持たせることができたのは事実であり、作家の人物解釈のすばらしさが、これだけの長い間愛される作品になったのだと思います。是非!
  • 参考になった 3

ユーザーのレビュー

(5.0)

投稿日:2016年06月21日

素晴らしいという言葉だけでは括れない超大作です!

原作では500人ほど人物が登場するらしいですが、それをここまでわかりやすく漫画にした大和和紀先生…すごい!!!
光源氏=プレイボーイ(悪い男)、私にはこの知識しかなかったのですが、読んでみたら私ももう光源氏の虜です。
原作が何千年も前に書かれたとは思えない程リアルで、本当にいたんじゃないかとか、私も光源氏に愛されたいとか思っちゃってます笑
誰にも言えない恋、許されない恋、一夜の恋、遊びの恋、そして純愛・・・いろんな恋の形を光源氏ひとりで表しているんです。それでいてどれも本気、心から女性を慕っているから憎めないのです。
ひとりひとりの女性の身になると、胸がはちきれそうになりますが出てくる女性も皆素敵すぎて・・・。
全体的に美しい。紫の上のような女性になりたいものです。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。