藤子不二雄(A)

小学館

ジャンル:少年マンガ

400円 (税別)

4ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2014年03月10日

  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る

怪物くん 9巻の内容

シリーズ書籍一覧 21冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

特別セット

怪物くん 9巻の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

60年代から70年代の少年漫画の最終回は、読み終わると、現代の漫画よりも「寂しい」と思いが強く残りませんか。おそらくそれは作品の中で仲間や友達との結びつきを強く描いているから。このまま同じ時間が流れ続けていくと思っている少年にとってその喪失感は半端じゃないと思いますし、だからこそ心に残るのでしょうね。「怪物くん」も最後は離別で幕。御一行が怪物ランドに帰るエピソードが最終回です。「怪物くん」は掲載雑誌が2つあったため、最終回が2パターンあり、どちらもヒロシくんとの別れが中心。「週刊少年キング」版のほうが、よりその度合いが強く、怪物くんの帽子の中の秘密もこちらで明かされます。私が感傷的になったのはもうひとつの「少年画報」版のほうで、連載時にはカラーで描かれていた最後の見開きのパート。ちょっと幻想的で、場所こそ違えど同じ時間を共有している。こういうのって、出会いと別れを繰り返して大人になったいま見ても、やっぱり何とも言えない気分になります。
  • 参考になった 3

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。