書籍の詳細

28歳の同世代経済記者が書いた衝撃のレポート。この世界のどこかに解決策はあるのか?WSJの若き記者が、米英からギリシャ、スペイン、イタリア、アイルランド、日本まで、不公平な境遇に苦しむ各国の若者を取材。政府の政策を検証し、ブラジルや中国へも“答え”を探しに行く。非正規雇用、低賃金、給付減、未婚、借金、同居……これらはいまや先進国共通の問題だが、解決への糸口はどこにあるのか。【著者略歴】リヴァ・フロイモビッチジャーナリスト。ニューヨークで育ち、ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。現在、主にウォール・ストリート・ジャーナル紙やダウ・ジョーンズ・ニューズワイヤーズに執筆。リーマンショックからの世界恐慌、ユーロ崩壊、新興国の勃興、各国中央銀行や政府の金融政策を取材してきた。自身、本書のテーマである「Y世代」(1976~2000年生まれ)の一員であり、本書執筆時は28歳。ブリュッセル在住。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

僕たちが親より豊かになるのはもう不可能なのかのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 非正規雇用、低賃金、給与減、未婚、借金、親と同居……大卒でも就職できない若者たちに「希望」はあるのか?
    ワーキングプア、就職難など、日本の「若者」たちの目前にはさまざまな困難な問題が立ちはだかり、先に希望を見出せない者は決して少なくないようだ。そしてこれは日本だけの問題ではない。本書では、アメリカをはじめとする先進諸国の「Y世代(1976~2000年生まれの世代)」にスポットを当てている。日本や中国、ブラジル等を含む各国のY世代50人以上への取材をもとに、低賃金や非正規雇用、学資ローンの返済などに苦しみ、希望を失った若者たちの現状を明らかにする。また、そういった状況を生んだ構造的要因を探り、政府は何をすべきか、彼ら自身はどうすべきか等提言を行っている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年03月20日