書籍の詳細

「虫師」とは、古来「虫」に関する驚異的知識を持ち、ヒトと虫の間のトラブルを解いて歩く異端の生物学者の集団。その発祥は定かではないが、彼らの虫に注がれる眼差しは古く、学界非公認の存在ながらその情報量は膨大で、徒党を組むのを嫌う──。アフタヌーンで人気を博した『蟲師』の源流『虫師』2編を含む、「志摩冬青」名義時代の絶版となっていた短編に、初収録タイトルを併せた珠玉の書。漆原友紀の結晶かつ原点がここに!

総合評価
3.0 レビュー総数:2件
評価内訳

フィラメント~漆原友紀作品集~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    やはり昔から・・・
    古い作品なんですから作風が違うのは当たり前です。私は素晴らしいと思いました。超短編も叙事詩のようで、不思議で少し不気味で、やはり優しい。漆原さんの感性が味わえる素晴らしい短編集だと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年03月02日
  • 匿名希望
    残念です

    立ち読みできる所と、本の大部分の作風が全く違う。
    一作目の短編以外は読んでいません。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年02月15日