書籍の詳細

「色気の魔術師」との異名を持つ、異能の大型新人・加賀やっこ。そんな加賀やっこが、デビューから2年目にして初めて挑む初連載が、なんと初めての巻数もの=第1巻としてついに発売される。作家の加賀やっこ自身が長年こよなく愛する「弓道」を題材に、いつにも増して、歪んだ愛、究極のフェティシズムパワーを炸裂させて、渾身の思いで描きまくる。この独特の濃密すぎる”やっこ世界(ワールド)”にハマったら最後、やみつきになること間違いなし。「俺は先輩のことずっと見てましたよこの人エロイなー…って…」中学からの6年間を弓道に捧げてきた、岸本杏(あん)。弓道部の部長は務めているものの、結局、満足の行く結果も残せないまま高校三年生で挑んだ夏の大会が終わってしまう。次期部長は、後輩の三神曜太(ようた)。普段からほとんど練習もしないのに、入部した当初から天才ぶりを見せつけ、大会でもいとも簡単に優勝してしまった三神に複雑な思いを抱える杏。そして、杏はついに引退を決意し、三神に部長の任を引き継ぐことに。だが、それを知った三神は、杏に”あるお願い”をしてきて…!?ちょっと変態(?)落語よみきり「出来心」も同時収録。

総合評価
3.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

一礼して、キスのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    急にキャラが若返り過ぎてません???
    本編は好きで全部読みましたけど、特別編、いきなり絵が変わっててビックリ。キャラがみんな顔が異様に丸くなってて、小学生みたい。大学生に成長したはずなのに、幼くなり過ぎててて、立ち読みだけで購入する気にはなれませんでした。
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年11月02日
  • 一礼して、キス
    ベツコミに来る前から気になっていた作品です。弓道着で弓を射るシーン! 凜とした表情と空気感がたまりません!! ところが一転、二人きりの甘いシーンになると、男子のツンと、恥ずかしそうな女子の醸し出す、切ない恋模様に引き込まれます!というわけで、背筋がピンと伸びた恋愛をご所望な方に、「一礼して、キス」是非オススメします!
    投稿日:2014年08月29日