「いじめ」考 : 「いじめ」が生じる要因と対策について

1500円 (税別)

獲得ポイント 15pt (1%還元)

文科省への「いじめ」の報告件数は近年減少傾向にある。しかし、教育相談・カウンセリングの臨床現場にある筆者の実感としては「いじめ」問題が減少し改善に向かっているとは思えない。「いじめ」に関する著作は膨大な数に上るのに、事実調査に基づく基礎研究はそれほど多くはない。本書は「いじめ」問題への今後の対処を考える際の基礎資料を提供するとともに、それら基礎資料に基づき「いじめ」対策に対するいくつかの提言をまとめる。/第1章:「いじめ」の被害者や加害者などの原因第2章:「いじめ」の被害者や加害者のプロトタイプ・イメージと実際第3章:「いじめ」の被害者や加害者を特定する際の各個人の判断の比較第4章:「いじめ」の被害者や加害者の同定における小学生から大人の判断第5章:「いじめ」における被害者・加害者・傍観者・仲裁者の各役割の流動性第6章:「いじめ」問題に取り組むために─「いじめ」の回避スキルの視点から─第7章:「いじめ」問題への取り組み─メンター導入の試み─

カゴに追加 1500 円(税別)

文科省への「いじめ」の報告件数は近年減少傾向にある。しかし、教育相談・カウンセリングの臨床現場にある筆者の実感としては「いじめ」問題が減少し改善に向かっているとは思えない。「いじめ」に関する著作は膨大な数に上るのに、事実調査に基づく基礎研究はそれほど多くはない。本書は「いじめ」問題への今後の対処を考える際の基礎資料を提供するとともに、それら基礎資料に基づき「いじめ」対策に対するいくつかの提言をまとめる。/第1章:「いじめ」の被害者や加害者などの原因第2章:「いじめ」の被害者や加害者のプロトタイプ・イメージと実際第3章:「いじめ」の被害者や加害者を特定する際の各個人の判断の比較第4章:「いじめ」の被害者や加害者の同定における小学生から大人の判断第5章:「いじめ」における被害者・加害者・傍観者・仲裁者の各役割の流動性第6章:「いじめ」問題に取り組むために─「いじめ」の回避スキルの視点から─第7章:「いじめ」問題への取り組み─メンター導入の試み─

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 「いじめ」考 : 「いじめ」が生じる要因と対策について
  • 著者名: 著:田原俊司
  • eBookJapan発売日: 2014年02月28日
  • 出版社: 八千代出版
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ページ数: 456ページ
  • 立読ページ数: 25ページ
  • ファイルサイズ: 34.5MB
  • 関連ジャンル: 専門書 科学専門書 教育
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。