書籍の詳細

岐阜県ローカル鉄道と歴史ロマンの旅!! 鉄道オタクの国会議員・仙露鉄男は、国土交通政務官になったのをいいことに、現場視察の名目でローカル鉄道の全国行脚!! 今回は岐阜県のローカル線を制覇する旅!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

テツぼんのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 東京都心を10年ぶりにSLが走ったかと思えば、ブルートレイン「あけぼの」のラストランなど、鉄ちゃんの心を揺さぶるような関心事がここ最近続きました。東京と青森を12時間かけて結んだ「あけぼの」ですが、高度経済成長時代に集団就職した「金の卵」たちにとってはこの高級寝台列車で故郷に帰るのが憧れとされたことから、「出世列車」とも言われたのだとか。『テツぼん』(画:永松潔 作:高橋遠州)で描かれる主人公・仙露鉄男は筋金入りの鉄ちゃんですが、二世議員の若い代議士です。亡き父の跡を継いで、というか成り行きから代議士になってしまったようですが、鉄道がらみの問題を持ち前の鉄ちゃんの知識を駆使して特急で解決するという一話完結の作品です。「それぞれのはやぶさ」というサブタイトルで、ブルートレインのお話も描かれています。「はやぶさ」といえば、前述の「あけぼの」と同じルートながら、わずか3時間ばかりで到達する新幹線のことですが、かつては東京と九州を結んでいたブルートレインの名前に使われていました。物語は現在の新幹線「はやぶさ」の運転手とブルートレイン「はやぶさ」の運転をしていた父親との心あたたまる内容ですので、ぜひご一読ください。現在残っているブルートレインは東京と札幌を結ぶ「北斗星」のみになってしまいましたが、電子書籍で『テツぼん』を読みながら、ゆとりあふれる列車旅を楽しんでみたいものですね。(2014/3/21)
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年03月21日