書籍の詳細

手塚治虫と海徳光市、2人揃って苦境に!? 昭和40年代中盤に差し掛かり学生運動が再び活発化し、どこか剣呑な空気も漂い始める日本。そんな最中、相変わらず漫画界の神様・手塚治虫を徹底追跡(ルビ:チェイス)する漫画家・海徳光市の勢いは止まらない。少年ジャンプでの連載は大ヒット、そしてアニメ化と躍進は続く。しかし盛者必衰の理はやがて彼の身にも、そしてあの手塚治虫の身にも…!?

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

チェイサーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    異色の『手塚論』漫画
    所謂『手塚論』を語る漫画はどれも矢口高雄氏、藤子不二雄氏等、相当な大家であっても下から見上げて『巨星』とした作品が多いのですが
    この作品…同時代に居た一端の、『同年代の』人気漫画家の目線で手塚治虫を語るという手法で手塚治虫氏を語っているのです。
    いわばイチローの同期で毎年3割を討つ好打者がイチローを見てどう思うか?そんなテーマです。

    この漫画家、事有るごとに『実在した』と語られているのですが、よく読めばわかるのですが実は『同時に10本漫画連載しながら東映に通ってアニメ監修しつつ結婚する』と言う実在したのが疑わしい経歴の手塚治虫氏の方にかかって居る事が分かります。
    実際この漫画家は複数のモデルが居るが、最大のモデルはコージィ城倉氏自身であると語られており、手塚治虫氏の凄さを再確認するために最適なキャラクター造形になっていて、この様な『歴史に残らなかった人物で歴史を語る』のも手塚治虫氏自身が良く歴史漫画で使う作風ですが、コマ割りなどもかなり手塚的な(少なくともコージィ城倉的には見えない)コマ割りが見受けられるなど
    かなり入念な取材に裏打ちされた手塚治虫氏の『天才性』『異常性』『先進性』の再確認ができる作品です。

    勿論ただ手塚治虫氏だけを語っているわけではなく、同年代なせいで憧れるにはプライドが邪魔してしまい、真似をするには実力が足りない主人公のドラマも面白く読みごたえが有ります。

    連載が月一なので刊行ペースは遅い物の、手塚治虫氏が何故漫画の神様なのかはこれを読めば理解できる一冊です。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年05月27日