書籍の詳細

相沢達吉15歳は、高校生になったらやりたかったことが3つある。受験のために休止していたバスケ、電車通学、そして告白…。みずみずしい、けど少し照れくさい、誰もが経験する恋の季節…それがSALADDAYS!色とりどりの新鮮な恋を、ギュッと濃縮!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

SALAD DAYSのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • オムニパス形式の正統派恋愛漫画
    「SALAD DAYS single cut~由喜と二葉~」が出たのをきっかけに、前作のほうも読み直してみた。雑誌連載は1997年~2001年だからもう15年以上前なのか。懐かしい。オムニパス形式で、数話程度の短編が代わる代わる出てくる。その数話で完結する話もあれば、また後で同じ登場人物たちでの別エピソードが描かれることもある。なので、いつも新鮮な気持ちで新しいラブストーリーを読めるのは良いが、逆に続き物の話を追いかけたり探したりしにくい。ちなみに描き直し新作の「SALAD DAYS single cut~由喜と二葉~」はこの前作単行本6巻途中の「新生活」から始まる物語とほぼ同一。好きな話だったので、こちらの新作にも期待したい。ただ、絵柄が結構変わっていて、個人的にはこの前作のほうが高校生らしさが出ていて好き。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月12日