「一人前」でない者の人権―日本国憲法とマイノリティの哲学

3000円 (税別)

獲得ポイント 30pt (1%還元)

「一人前」でない者として権力の管理対象とされたアイヌ人、ハンセン病患者、先天性身体障害者らの人権が蹂躙されてきたことを、法哲学と憲法学が交錯する地平から批判的に考察。人間的・水平的な「法の支配」を説く。

カゴに追加 3000 円(税別)

「一人前」でない者として権力の管理対象とされたアイヌ人、ハンセン病患者、先天性身体障害者らの人権が蹂躙されてきたことを、法哲学と憲法学が交錯する地平から批判的に考察。人間的・水平的な「法の支配」を説く。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 「一人前」でない者の人権―日本国憲法とマイノリティの哲学
  • 著者名: 著:小畑清剛
  • eBookJapan発売日: 2014年02月14日
  • 出版社: 法律文化社
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ページ数: 806ページ
  • 立読ページ数: 45ページ
  • ファイルサイズ: 2.0MB
  • 関連ジャンル: 専門書 法律小説・文芸 思想・宗教
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。