ルナハイツ (3)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

身重で再会した元婚約者・友美が無事出産したものの、その子の父親は南條ではなく有森という男。有森は友美を幸せにする自信がなくて行方をくらましていたが、まどり達が捜し出し、ついに病室で我が子との感動の対面…。と思いきや、心中穏やかでない南條が立ちはだかり、「俺から友美を奪っていくあんたを、一発でいいから殴らせろ」と言い出して…!?

無料立ち読み(13ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

身重で再会した元婚約者・友美が無事出産したものの、その子の父親は南條ではなく有森という男。有森は友美を幸せにする自信がなくて行方をくらましていたが、まどり達が捜し出し、ついに病室で我が子との感動の対面…。と思いきや、心中穏やかでない南條が立ちはだかり、「俺から友美を奪っていくあんたを、一発でいいから殴らせろ」と言い出して…!?

  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧4冊の書籍

書店員のレビュー

あなたが独身男性だとして、一つ屋根の下に4人のうら若き未婚女性と暮らすこととなってしまったらどうします? 心ときめきますか? 『ルナハイツ』(星里もちる)の主人公・南條は建てたばかりの新居が、成り行きから女子寮となってしまい、途方に暮れてしまいます。それもそのはず、新しいマイホームは本来結婚して愛の巣となる予定だったのです。ただし、結婚式直前に婚約者の友美に逃げられなければ…。ともあれ、奇妙な5人暮らしがスタートするのですが、南條は友美に逃げられたショックで“心のときめき”を失ってしまいます。友美がなぜ逃げたのかも徐々に明かされるのですが、南條が気の毒としか言いようがありません。後半は“心のときめき”を取り戻すべく、南條はある闘いに挑んで決着をつけようとします。潔いです。そして、エンディングは5人で始まった新居の生活が、大きく変貌します。老若問わず、ドキドキしながら楽しめるラブコメです。(2012/3/19)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。