レビューはありません
考える人とおめでたい人はどちらが幸せか 世の中をより良く生きるための哲学入門

「不幸」を乗り越え、「これから」を生き抜く力をくれる、1週間の実践的哲学入門。ロダンの「考える人」はどうみても幸せそうではありません。その体は不安の重圧に折れ曲がっています。「考える人」というより、「悩む人」といったほうがいいかもしれません。これとは対極にあるのが、いわゆる「おめでたい人(幸福な愚者)」です。何の疑問も抱かず、手の届く範囲の人生に満足し、ちょっとした冗談や、ビール、肘掛け椅子があれば充分に幸せそうな人。結局、どちらが幸福な人生を送れるのでしょう?(本書冒頭より)考えることは苦しい。周囲の「おめでたい人」「能天気な人」のほうが楽しそうだし、人生を謳歌しているように見える。「考える人」になることで幸せになれるわけでもない。ならば、「考える」ことに、どんな意味があるのだろう?月曜日のこの問いに始まり、「たとえ悪法でも絶対に守るべきか?」(火曜日)「なぜ私たちは美しいものに惹かれるのか?」(水曜日)「どうして学校に行かなければならないのか?」(木曜日)「神を信じるべきか?」(金曜日)「民主制は本当に最良の政治制度か?」(土曜日)「幸せな死はあるのか?」(日曜日)の7つの問いに答えながら、「考えるとはどういうことか」、本書が身をもって示します。

  • 1360(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 14pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。